市川市リフォーム会社口コミランキング | 優良業者を厳選!

市川市内のリフォーム会社で信頼出来て満足の行く施工をしてくれる会社を口コミや評判からご紹介。

屋根のリフォーム

瓦を使った屋根のリフォーム

日本の住宅の屋根と言えばやはり「瓦」です。今日はそんな瓦を使った屋根のリフォームについてご案内致します。

最近では新築を建てる時に、瓦を選ぶご家庭は少なくなりましたが、それでも瓦の魅力にどっぷりとハマっている方は大勢います。私も瓦は昔から興味のあった屋根材であり、お寺や神社に使用されている瓦の並び方などを観察したものです。
屋根瓦の歴史は非常に古く、今から約1400年前に初めて瓦が使われたと言われています。あの有名な寺院である飛鳥寺の屋根です。そんな瓦は日本の気候風土にピッタリの屋根材であり、瓦の隙間に出来るちょっとした空間が空気の層を作り、その結果熱を遮断してくれます。しかも隙間があることで通気性を高めてくれます。言うならば夏は涼しく冬は温かい住宅を実現することが出来るのです。つまり冷暖房の使用頻度を少なくすることにつながりますので、生活費の節約にも貢献してくれます。

瓦の耐久性は50年や100年と言われており、他の屋根材では到底実現することの出来ないほどの耐久性を誇っています。ただし一つ一つの瓦は重量がありますので、住宅全体へ大きな負担を与えてしまうというデメリットがあり、またちょっとした衝撃を与えてしまうだけで割れてしまうこともあるので、どんなに耐久性に優れていたとしても、結果的に何十年も放置しておくワケにはいかず、リフォームをしなければいけなくなります。
瓦の屋根から今流行りの屋根材へリフォームもすることが出来ますが、せっかく瓦の屋根なのですから、瓦のリフォームを選んでみてはいかがでしょうか?同じ瓦でも様々な種類があり、住宅のデザインに合わせて選ぶことの出来るセメント瓦が今人気です。その名の通り、セメントと砂を原料にした瓦であり、一般的な和瓦よりも厚みがあり、表面が塗装されています。昔ながらの瓦にこだわりを持っている方も多いですが、このセメント瓦でしたら、瓦のデザインで洋風の住宅を演出することも出来るのです。まさに多機能瓦と言っても過言ではありません。

市川リフォームブログ関連記事:
屋根のリフォームの瓦の選び方
屋根の雨漏りの原因や修理

屋根のリフォームの瓦の選び方

屋根のリフォームを検討する時に、重要な部分の瓦について本日はご案内致します。

瓦は高い、重いなどの印象があり懸念しがちです。確かに、瓦の葺き替えにかかるコストはスレート系(カラーベストなど)等に比べると割高ですが、見た目と性能はスレート系に比べると圧倒的に瓦の方に軍配が上がります。また最近の瓦は、軽量化されているものもあります。「ルーガ」という商品は、従来の瓦と同じ厚さなのに重さは半分以下になっています。その他のメーカーでも軽量タイプの瓦は販売されているようなので、詳細はリフォームの打ち合わせの時に相談して聞いてみるとよいでしょう。

瓦もひと言で瓦といっても、種類はたくさんあります。「粘土瓦」「陶器瓦」「いぶし瓦」「素焼き瓦」等が代表的なものになります。それぞれの瓦に特徴があります。
「粘土瓦」は、日本3代瓦に使われている工法です。耐用年数は、だいたい20年から30年といわれています。「陶器瓦」は、耐久性・耐汚性に優れている特徴があります。半永久的に使用できる特徴があり、洋風の建物にもマッチします。「いぶし瓦」は、安土城に使われたことでも有名ですが、炭素膜の劣化と共に瓦も劣化していきます。耐用年数は、30年から50年程度と言われています。

「素焼き瓦」は、瓦表面の自然な仕上がりが特徴です。洋風の建物にもよく合う瓦です。他には、「セメント瓦」があります。家の屋根は、建物の外観を印象付ける大きな要素になります。建物全体を把握したうえで、瓦の種類を選択する必要があります。

中には、今は瓦の屋根だけど費用的な面から瓦以外の屋根を検討されている方も多いと思います。実際に、町を歩いてみると古い木造建築でも屋根をカラーベストに変更している家も見受けられます。工事自体は、瓦を撤去し、下地の処理を行い、防水処理、カラーベストの施工、雨どいの修正等を行うようです。

こういった事をポイントとして屋根のリフォームを検討されては如何でしょう。

市川リフォームブログ関連記事:
屋根の雨漏りの原因や修理
市川市内の一戸建リフォーム会社ランキング

屋根の雨漏りの原因や修理

今日のブログは、屋根の雨漏りの原因や修理についてご案内致します。

雨漏りを発見すると、まず屋根を一番に疑いますが、実際は様々な要因が関係します。 外壁のつなぎ目の劣化(コーキングの劣化)や窓枠サッシから雨が侵入して雨漏りにつながるケースもあるようです。つまり雨漏りの対処で一番重要なことは、雨漏りの原因をきちんと特定することにあります。 素人では、特定が難しいので専門の業者さんへまずは相談してみましょう。

そのうえで屋根が原因で雨漏りしているということであれば、屋根の何が原因かをきちんと確認することが重要です。 単に屋根が原因だから屋根を葺き替えるというのは、間違っているケースもあります。 雨の侵入が実は、部分的な屋根の不良で起こっているならば、その部分だけを改善すれば雨漏りは解消されます。業者さんの中には、不安をあおって屋根の全面葺きかを勧めてくるケースもありますので、一応の注意は必要です。

屋根の代表的な損傷例を少しご紹介します。 まずカラーベストなどのコロニアル屋根の場合です。棟包み板金破損、外れ、下地の損傷やコロニアル塗装時の縁切り不良が原因で雨漏りにつながるケースが多いようです。こうしたケースは、部分修理で改善できるようです。費用は、だいたい10万円から20万円程度で収まるケースが多いようです。

次に屋根瓦の場合の例です。 棟のゆがみや面土劣化、瓦の破損や瓦のずれが原因で雨漏りが起きるケースが多いです。 損傷の程度にもよりますが、修理には10万程度かかるケースがほとんどです。金属屋根やトタン屋根の場合も棟包み板金が原因で雨漏りにつながるケースが多いようです。どうしても屋根の損傷が激しい場合は、葺き替えが必要となってきます。

素人は、雨漏りに対する知識が乏しく、どうしても業者さんのいいなりになりがちです。 それでも本当に必要な対処方法を相談して、賢く屋根をリフォームすることも必要でしょう。屋根の葺き替えとなると、100万円以上かかるでしょうし、カバー工法でも80万円以上はかかってきます。

こういった屋根のリフォーム会社選びも需要になってきます。 業者選びで迷ったら、是非当サイトを参考にされて下さいね。

関連記事:
屋根のリフォームは評判の良い会社へ
住宅を守ってくれる外壁をリフォーム

屋根のリフォームは評判の良い会社へ

今日のブログは、屋根のリフォーム会社選びは評判から選ぶ重要性についてご紹介致します。

「この家を建ててから30年以上経つが、屋根のリフォームを全くしたことがない」という方も多いようなのですが、屋根はその家の柱の次に重要な部分です。

まず、屋根は雨風を常に受けているので、経年劣化が非常に激しくなっています。
そのため、10~20年に一度はリフォームをおこなうべきなのですが、屋根の状態は中々確認することができないので、どうしても見落としがちです。

しかし、見えないからといってそのまま屋根を放置してしまうと、そのまま外壁、玄関までもが雨風に浸食されてしまうので、トータルのリフォーム料金を少しでも節約したいのであれば、まずは【家全体を守ってくれる部分】の改装を第一に考えてみましょう。

まず、リフォームを行う場合は各会社の評判をチェックしなければなりません。会社によっては料金だけが高いわりに技術力が低く、評判が悪いようなところもあるので、そういったところに引っかかってしまうと、詐欺に遭ったようなかたちになってしまいます。
大金を出すとなると、会社選びはなるべくに慎重にしなければならないので、とにかく【評判がよく、なるべく経済的な料金でやってくれるところ】を探すようにしましょう。

ちなみに、屋根の塗装料金は、アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素の順に高くなります。「安いものでいいから、とにかく改装したい」という場合はアクリルを選択することになるのですが、アクリルの寿命は保って5年なので、5年も経つとまたリフォームする必要が出てきます。

逆にフッ素の場合は、アクリルの2倍ほどの値段にはなってしまいますが、その分長持ちするので、「お金が掛かってもいいから長持ちするものがいい」という方はフッ素を選択しましょう。フッ素の場合は最大で20年ほど保ちます。

リフォームには何かとお金がかかりますが、家のてっぺんの部分を放置しておくと、雨漏りしてしまうようになったり、外壁の汚れが激しくなったりしがちなので、最低でも10年に1回は業者に任せるようにしましょう。