市川市リフォーム会社口コミランキング | 優良業者を厳選!

市川市内のリフォーム会社で信頼出来て満足の行く施工をしてくれる会社を口コミや評判からご紹介。

マンションリフォーム

換気扇部分のリフォーム

換気扇部分のリフォームは実は非常に重要な役割になってきます。換気が行われる場所としては、お風呂や洗面、トイレ、キッチンが主体となると思います。また2003年以降に建設された家では、24時間換気扇がリビングに設けられているお家も多いと思います。当時は、建設技術の向上と省エネ化の追求で高気密高断熱住宅が普及してきました。しかし、機密性があまりにも高く、建設資材に使われる塗料や接着剤の影響で人体に被害を及ぼすケースが出てきました。

それらの病気、シックハウス症候群を減らすために24時間換気扇の設置義務化が決まり、2003年以降の住宅には24時間換気扇が設置されるようになりました。延べ床面積によって24時間換気扇の設置個数は異なり、通常は1つもしくは2つの設置になります。24時間換気をしてくれることは有難いことですが、デメリットもあります。それは冷暖房が少し効きにくいことです。普通エアコンをつけると窓を閉め切ります。しかし、24時間換気扇があると室内の空気を外気と換気してしまいます。特にアレルギー症状がなければ、24時間換気扇を閉めてもいいのでしょうが、気になる方は換気をするしかありません。

最近では電気代も高騰してきているので、換気については対策を練りたいものです。そんな中、「熱交換同時吸排気換気扇」という物を発見しました。室内の空調効果を損なうことなく、24時間換気ができる代物です。 これなら安心して、空調を利かすことができますし、家族の安全も守ることができます。価格は10,000円から30,000円程度の物で、壁に設置します。大きさは、6畳用の物で高さ約24cm、幅約50cm、奥行き16cmの物になります。(パナソニック製)6畳以外にも8畳や12畳用が用意されています。

あと住宅用の換気扇で気になる個所に、床下換気扇があると思います。特に築20年30年の家は、床下換気機能が悪く、家の老朽化や白アリ被害の脅威にさらされます。最近では一つ30,000円程度から床下換気扇本体が販売されていますので、一度、お近くのリフォーム店さんに聞いてみるといいかもしれません

市川リフォーム情報ブログ関連記事:
キッチンリフォームで夢実現!
キッチンリフォームで気を付けたい事

増改築の固定資産税

本日は、増改築の固定資産税についてご案内致します。

リフォームを行う際は、10平方メートル以上を工事する場合は基本的に役所への建築確認の許可申請が必要になります。適用されるケースとしては全面リフォームや、2世帯仕様へのリフォームの時が考えられます。それ以外のお風呂やキッチン、トイレなどのリフォームは施工面積が狭いために一般的に申請は必要ありません。そのために、行政側も建物の状態が把握できないケースが多く、固定資産も建築当時のままとして、固定資産税も増えることなく推移していくケースがほとんどです。

ちなみに木造住宅の場合は、経済的耐用年数が30年もしくは35年といわれていますが、35年を過ぎても固定資産税を払わなければなりません。通常は当初の2割程度の固定資産税が、ずっと課金されてきます。経済的な価値はなくても課金され続けるという仕組みになっています。

10平方メートルを超える工事を行った場合は、建物の登記を書き換えるケースもあります。特に増築した場合やリフォームローンを組む場合などです。またリフォームのタイミングで建物の登記を息子世帯にする場合もあるようです。こうなると固定資産税は、上がる場合があります。 例えば、昭和30年ぐらいの古い家を全面改装したとします。そうすると建物自体は、築50年を超えますが、外壁や内装、設備は一新されており、その時の建物の価値としては、リフォームに要した費用で積算されるようになります。地域性等もあるようですが、一般的にはそうなるみたいで、1000万円要したとすれば、1000万円の建物とみなされて固定資産税が徴収されます。

固定資産税は、できれば免れたいものですが、なかなか難しいものです。最近では一応、耐震化やバリアフリー化、省エネ化をすれば固定資産税も減額されるようです。しかし、期間が1年程度と短かったり、減額も3分の1や2分の1など少額で大きく期待できるものではありません。リフォームの予算と資金計画、それからそのあとの固定資産税や機器のメンテナンス費用などを考慮して、リフォーム全体を描く必要がありそうです。

市川リフォーム情報ブログ関連記事:
省エネに効果的な太陽光発電
バリアフリーリフォームは減税対象?

人気の床暖房のリフォーム

床暖房のリフォームというのは、日々の暮らしを快適にして、しかも健康的な生活を実現させることの出来る今人気のリフォームです。床暖房の取り付けは、もしフローリングの張り替えリフォームをご検討されているのでしたら、一緒に依頼をしてしまえば、意外と簡単にリフォームすることが出来ます。実際に床暖房リフォームをされた方には様々な感想があります。

「ぽかぽかしていて寒い日には本当に気持ち良い」「とっても簡単にリフォームをすることが出来た」「思っていたよりも光熱費が安くてびっくり」という大きなメリットを感じた方もいますし、逆に「想像していたよりも暖かさを感じない」「最初の月の光熱費を見て高いのに驚いた」など賛否両論あります。統計的には、メリットを感じた方の方が圧倒的に多いですが、それでもデメリットばかりが先行した考えを持っている人はいるので是非とも参考にしてみてください。

そもそも床暖房と言いましても様々な種類があります。最も一般的なのが電気で発熱させることの出来る専用のシートを床下に敷くタイプです。これはキッチンや洗面所に向いており、光熱費は高くなりますが、工事費は比較的安価となっています。現在の床の高さをほとんど変えること無く設置することが出来るというメリットもあります。

そして別置きのボイラーで温めて、その温水を床下で巡回させるタイプもあります。一般的にはリビングやダイニングに設置するケースが多く、光熱費は安いですが、工事費が高く設定されています。最近ではフローリングと一体になっているタイプもあり、簡単に設置出来ることもあります。

このようにそれぞれの床暖房タイプによって、メリット・デメリットがあることがわかると思います。このどちらを選択するかは、貴方の自由ですが、マンションなど集合住宅では、温水タイプを設置することが出来ないことも多いのでご注意ください。床暖房で快適な冬を過ごして、家族みんなでぽかぽかなっちゃいましょう。

市川リフォーム情報ブログ関連記事:
リビングの床部分のリフォーム
市川市のマンションリフォーム業者ランキング

リフォーム会社への見積もりの取り方

リフォーム会社にリフォームを依頼する際には、必ず最初に見積もりをもらうことになります。見積もりを提出してこないリフォーム会社はありません。そもそも見積もりが無ければ、一体いくらでリフォームをすることが出来るのか検討もつかないのですから、もし万が一見積もりを提出してこないリフォーム会社だった場合には、事前にきちんと訪問してもらってから出してもらう様にしてください。それでももらえない場合には、そのリフォーム会社の利用は避けましょう。後々、金銭面のトラブルに発展してしまう可能性が非常に高いです。

さて、今見積もりが大事と書かせていただきましたが、もっと大事なのはその中の数字です。どんなに親切丁寧に対応をしてくれるリフォーム会社だったとしても、見積もりを確認したら、相場よりも遥かに高かったなんてこともあるかもしれません。雑誌やインターネットでは「●●円」と書かれているのに、実際の見積もり段階になって、高額な見積もりを提出されてしまうことがあります。何か特別にオプションや、リフォームの箇所を増やしているのでしたら仕方がありませんが、そうで無い場合には、きちんと内訳の確認をしておきましょう。

内訳の費用で疑問を感じたら、絶対に契約をしないでください。全てに納得した上で、契約書にサインをするようにしてください。一人で決めずに、パートナーや、ご家族に確認することが大切です。

またインターネットの一括見積もりサイトを利用することで、複数社からまとめて見積もりをもらうことが出来ますが、これには注意した方が良いかもしれません。一括見積もりに登録している会社は「価格競争」が非常に激しい為、無理な値引きをしている所が多く存在します。なので後々工事内容でトラブルになるケースも少なからずあるそうです。

市川リフォーム情報ブログ関連記事:
市川市のマンションリフォーム会社ランキング
リフォームの一括見積もりは注意!

リフォームの一括見積もりは注意!

皆さんは「一括見積もりサイト」と聞くと、どのようなことをイメージされるでしょうか?インターネットの世界で最近では様々なことを比較することの出来る一括見積もりサイトが一大ブームとなっています。保険料の比較、中古車見積り、ウェブサイト構築の見積もりなどなどジャンルを問わずに非常に多くの一括見積もりサイトがあります。そしてもちろんリフォームの見積もりに関しても一括見積もりサイトが複数あります。けれどもリフォームにおいてはこれは注意すべきです。

全く一括見積もりサイトについての知識をお持ちで無い方も、この名称を聞けばどのようなサービスを提供しているサイトかは予想がつくと思います。そもそも一括見積もりサイトには様々なリフォーム会社が登録をしています。 この登録の際に「審査が有る」とうたっていますが、実際は殆ど有りません。無い上に一括見積もりサイトに支払う余計な「広告費用」が上乗せして利用者の見積もりに入っています。

リフォーム会社は日本全国から登録をしていますが、一括見積もりサイトに登録している会社は逆にイマイチ信用できない所も多く有ります。 結局は価格競争になり、その競争に勝つためには建材をケチって少なくしたり、粗悪な物を利用したりと、「安かろう悪かろう」の状態に陥っているのです。

つまり一括見積もりサイトを利用することによって、安心安全の優良リフォーム会社を見つける事は到底難しいのです。逆に悪徳業者の思う壺かもしれませんので、注意が必要です。

市川リフォームブログ関連記事:
マンションの代表的なキッチンリフォーム費用
住友林業ホームテックの口コミや評判

玄関の床のリフォームについて

玄関周りをリフォームする時になかなか決められない物に「玄関の床」があります。玄関は、家の顔ともいえる部分で重要なポイントになります。 玄関は、玄関アプローチ・玄関ドア・下駄箱・収納キャビネットなどから構成されており、それぞれの特徴を把握しておく必要があります。また玄関の用途も、単に人の出入りとしてだけに使うのか、自転車や趣味の道具も置くスペースするのかによって玄関を構成する材料は変わってきます。「玄関の床」もその一つです。

玄関の床に使われる主な材質は、3つです。「タイル」「コンクリート」「天然石」です。 一番多く利用されているのが「タイル」でしょう。ひと言にタイルといっても、大きさや色、表面の加工などが違ってきます。 代表的な玄関タイルメーカーには、INAXがあります。最近のタイルは機能的にもなり、汚れがしみにくいように加工されていたり、消臭力があるもの等様々です。ペットを飼っている家等は、機能性のタイルを検討すると、ワンちゃんとより楽しい生活が送れるようになりそうです。

タイルの色目は、明るい系統の物を選ぶと玄関が明るく映ります。黒目のタイルを選ぶと重厚感があり、シックな玄関の雰囲気になります。ご自身の好みもありますし、色目によって汚れの目立ちやすさが違ってきます。 またタイルの種類も「磁器タイル」や「素焼き」「テラコッタスタイル」などがあります。 磁器タイルは吸水性が少ないので汚れにくいといわれていますし、素焼きやテラコッタスタイルは吸水性が高いのでシミなどの汚れにも注意が必要です。タイルの大きさもいろいろあり、比較的大きい方がゆったりした感じで豪華な感じに仕上がるようです。

コンクリートの玄関床は、よく飲食店などで見かけます。また個人宅では、RC住宅にはマッチするかもしれません。コンクリートの中にビー玉を入れたり、石を入れてアクセントにすると温かい雰囲気に仕上がります。 天然石は、大理石や御影石が一般的に使われます。柄や色のバリエーションはいろいろあり、表面仕上げの方法によっても風合いが異なります。

関連記事:
新築並みにマンションリフォームする秘訣
トイレの床のリフォームが成功するポイント

リビングの床部分のリフォーム

本日は生活スペースの中心である、リビングの床部分のリフォームについてご案内致します。

居住年数が経つとともに、壁や床が汚れてきます。特に床は、物を落としたり、物をこぼしたりと、床にすれば劣悪な環境です。また毎日人が出入りしますので、家の中でも比較的劣化が進みやすいところでもあります。しかし、友達が来たり親戚が来たりすると、たいていリビングで一緒に過ごすと思います。そのときに傷んだ床のままでは恥ずかしいですよね。

リビングの床は、ある程度補修もできるかもしれませんが、全面を張り替える方が二度手間三度手間がいらなく、結果的には安く済むケースもあります。リビングの床の張り替えにかかる工事費用は一概には言えませんが、12帖の広さで20万円から30万円程度で収まるようです。費用の内訳としては、一般的に解体・撤去・廃棄費用、材料費から構成されます。なかでもリビングに貼る床の材料によってコストが大きく変わってきます。

床の材料としては、「フローリング」「無垢材」「クッションフロア」「タイル」などがあります。一番よく使われているのは、「フローリング」になります。耐久性やデザイン性、コスト面から根強い人気があります。一昔前は、フローリングというとワックスがけが必要でしたが、最近はワックス不要タイプがほとんどです。施工してからワックスしなくても、表面の光沢を保ち、きれに長く使うことができます。また床暖房との相性も良く、戸建て・マンション問わず広く利用されています。

「無垢材」は、ホルムアルデヒトやシックハウス症候群を気にする人にはピッタリの床材です。材質は、チークやオーク、杉やピーチなど様々です。それぞれに特徴があり、値段もバラバラです。素足で自然の風合いを楽しむことができます。

「クッションフロア」は、比較的リーズナブルで耐久性の高い商品として活用されています。よく賃貸向けのマンションなどに採用されています。

こういった事をポイントとして、良い床のリフォームをされて下さいね。

関連情報:
自然素材を使ったリフォームの良さ
壁紙のリフォームの重要性

リフォームのイベント参加のメリット

意外とみなさん行かれないのが、リフォーム会社が主催するイベントです。またリフォーム会社だけではなく各自治体が主催し、多くのリフォーム会社が賛同し、開催するイベントもあります。
このようなイベントに参加することによって「リフォームとはどんなことが出来るのか?」「リフォームをすることによってのメリット」「信頼出来るリフォーム会社との出会い」などといった様々な情報をえることが出来ます。もちろんイベントは全て入場無料となっていますので、行って損をすることは一切ありません。またイベント会場にはリフォーム会社と直接商談を進めるコーナーが設置してあり、その商談コーナーでリフォームに関する様々な相談もすることが出来ます。役所が主催する場合、ホームページに詳細を記載することがありますので、チェックしてみてください。また直接窓口に行ってイベントの開催予定などを聞いてみると良いかもしれませんね。

リフォームのイベントでは、様々な催し物が開催されます。全てのイベントに共通しているワケではありませんが、地震体験車を使用して実際の大地震を体験するコーナーや、簡単な木工教室なども開催されており、お子様連れで楽しむことが出来るようになっています。ふわふわの遊具や、屋台が出ていたりすることもあり、たまの休日に行けば、家族揃って楽しめることでしょう。

もちろんそのような大規模なイベントを堂々と開催する会社は信頼出来ると言えますが、その反面若干実際の料金は高めです。
イベント施設の運営費用や、人件費等が工事費用に上乗せされてしまっている為です。一番良いのはちょっとずるいかもしれませんが、実際にショールームやイベントに参加してから、それと同じ工事を評判が良いリフォーム会社に行ってもらうのがおススメです。

こういった事を参考に、お得にリフォームされて下さいね。


リフォームの情報収集の仕方

リフォームする際の情報収集の方法について本日はご紹介させて頂きます。

どんなことでも何かをする時には情報収集をすることが大切です。それがたとえどんなに安価なものであっても失敗しない為には、とにかく情報を集めて下調べをしておくようにしましょう。そしてもちろんリフォームに関しましても情報収集は欠かせません。むしろリフォームのようにある程度予算が必要で、長い年月維持することになるものに関しましては尚更なのではないでしょうか?

一昔前までリフォームに限ったことではありませんが、情報収集と言えば雑誌や本を参考にすることが一般的でした。しかし今ではいつでもどこでもインターネット環境さえ整っていれば莫大な量の情報を得ることが出来ます。
例えば口コミサイトで有ったり、当サイトの様な体験談が集まったサイトで有ったり。
リフォーム会社が宣伝で用意している自社のホームページとは違い、実際の生の声を確認する事が出来るのでとても参考になると思います。

リフォーム会社のホームページには、その会社がこれまでに施工をした過去の実績や、大まかな料金、リフォームまでの流れなどといったものを公開されているケースが殆どです。また実際にその会社を利用した体験者の声を掲載していることもありますので、きっと参考になることでしょう。
せっかくインターネットという便利な情報収集ツールがあるのですから、最大限有効的に利用をするようにしましょう。

ただポイントとして、リフォーム会社のホームページの体験談には良い事しか書いて有りません。それだけを鵜呑みにするのではなく、しっかりとした体験談も確認されて下さいね。

マンションリフォームの評判を載せる理由

本日は、当サイトが市川市内のマンションリフォームの評判を載せる理由についてご紹介させて頂きます。

最近、リフォームやリノベーションなどで中古のマンションを新たに購入し手を入れたり、今まで住んでいたマンションの老朽化の為に手を入れたりする方が増えてきていると思います。

部屋を綺麗にするだけではなく、不便を感じている部分を改修する事ができたり、おしゃれな空間を作り出すなど、用途は人それぞれだと思います。家を買うのと同じぐらい夢のある事のように思います。

ですが、リフォームなどは誰もがあまり経験した事のない分野で、リフォーム会社などの評判を聞く機会は、なかなかありません。近所の代理店などに頼む方も多いと思いますし、少し値が張っても大手に頼むことで信用を担保しているケースも多いでしょう。
これからの時代、新しく住宅を建てるより、手を加える事が多くなると想定されている中で、このまま周りの評判や広告を鵜呑みして業者を決めてしまって良いのでしょうか。

テレビなどでもリフォームによる欠陥住宅の特集が組まれてりしており、世間の関心が伺えます。欠陥を負ってしまった住宅はとても住める状態ではありません。請求額が最終的に予定していた金額でなく、多額の請求をされるケースもありますし、それによって裁判になるケースもあるようです。被害を受けたカスタマーは多くの物を失ってしまいます。住んでいる家を失い、多額の現金を失ってとても失望してしまいます。

誰もが安く、住みやすい家にしたいと希望を持って大金を払いリフォームするのです。もう少し各業者の評価が分かりやすい仕組みなどがあってもいいのではないかと思うのです。当サイトでは施工口コミがある他、実際の業者に依頼した方の声を載せたり、施工業者の特徴や強み、単価など目に分かりやすい工夫をして、カスタマーが施工業者を評価できる仕組みづくりをしています。

もし市川市のリフォームを考えられたときにとても役に立つと思います。是非ご参考下さい。