市川市リフォーム会社口コミランキング | 優良業者を厳選!

市川市内のリフォーム会社で信頼出来て満足の行く施工をしてくれる会社を口コミや評判からご紹介。

屋根のリフォームの瓦の選び方

屋根のリフォームの瓦の選び方

屋根のリフォームを検討する時に、重要な部分の瓦について本日はご案内致します。

瓦は高い、重いなどの印象があり懸念しがちです。確かに、瓦の葺き替えにかかるコストはスレート系(カラーベストなど)等に比べると割高ですが、見た目と性能はスレート系に比べると圧倒的に瓦の方に軍配が上がります。また最近の瓦は、軽量化されているものもあります。「ルーガ」という商品は、従来の瓦と同じ厚さなのに重さは半分以下になっています。その他のメーカーでも軽量タイプの瓦は販売されているようなので、詳細はリフォームの打ち合わせの時に相談して聞いてみるとよいでしょう。

瓦もひと言で瓦といっても、種類はたくさんあります。「粘土瓦」「陶器瓦」「いぶし瓦」「素焼き瓦」等が代表的なものになります。それぞれの瓦に特徴があります。
「粘土瓦」は、日本3代瓦に使われている工法です。耐用年数は、だいたい20年から30年といわれています。「陶器瓦」は、耐久性・耐汚性に優れている特徴があります。半永久的に使用できる特徴があり、洋風の建物にもマッチします。「いぶし瓦」は、安土城に使われたことでも有名ですが、炭素膜の劣化と共に瓦も劣化していきます。耐用年数は、30年から50年程度と言われています。

「素焼き瓦」は、瓦表面の自然な仕上がりが特徴です。洋風の建物にもよく合う瓦です。他には、「セメント瓦」があります。家の屋根は、建物の外観を印象付ける大きな要素になります。建物全体を把握したうえで、瓦の種類を選択する必要があります。

中には、今は瓦の屋根だけど費用的な面から瓦以外の屋根を検討されている方も多いと思います。実際に、町を歩いてみると古い木造建築でも屋根をカラーベストに変更している家も見受けられます。工事自体は、瓦を撤去し、下地の処理を行い、防水処理、カラーベストの施工、雨どいの修正等を行うようです。

こういった事をポイントとして屋根のリフォームを検討されては如何でしょう。

市川リフォームブログ関連記事:
屋根の雨漏りの原因や修理
市川市内の一戸建リフォーム会社ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)