市川市リフォーム会社口コミランキング | 優良業者を厳選!

市川市内のリフォーム会社で信頼出来て満足の行く施工をしてくれる会社を口コミや評判からご紹介。

リフォームで減税は可能です!

リフォームで減税は可能です!

リフォームの内容によっては、所得税や固定資産税を減税することができます。数万円程度の減税効果かもしれませんが、頂ける物は頂いておきましょう。

減税の対象になるリフォームは、「耐震リフォーム」「バリアフリーリフォーム」「省エネリフォーム」になります。耐震リフォームの減税は、昭和56年5月31日以前に建てられた今の耐震基準に満たない家を耐震化した場合に減税の適用になります。特に木造住宅に多く、築30年を超える物がほとんどになってきます。 耐震リフォームはいきなりリフォームを行うのではなく、まずは耐震診断というチェックを行ってから計画を建てて実行していきます。耐震リフォームのみ単体で行うことはほとんどなく、外壁や内壁、壁や床、天井の断熱化も併せて行うケースが多いです。

このことで築30年以上とは思えない様な装いと、強さを手に入れることができます。所得税については、最高で20万円が所得税額から控除されます。固定資産税では、一定の条件がありますが、最大で2分の1(1年間)に減額することができます。また耐震化のリフォームを住宅ローンを組んで行った場合は、住宅ローン減税を適用することができます。最大で10年間所得税が減額されて、耐震化を進めるように設計されています。

壁や床、天井などの断熱化を行った場合は、省エネリフォームにも当てはまります。こちらも所得税額が最大で20万円控除されたり、固定資産税が3分の1(1年間)に減額されるように工夫されています。

リフォームを検討されている方の中には、50歳以上で要介護認定を受けている方もいらっしゃると思います。 その場合に家の中をバリアフリーにすると、所得税額から最大で20万円控除されたり、固定資産税が3分の1に減額されたりします。適用を受けるには、工事費用から補助金等を引いた金額が30万円以上である必要があります。他にも少し注意点があるので、リフォームの打ち合わせの最初の方に、減税の適用になるようにリフォームしたい、と業者さんに予め伝えておく必要があります。

市川リフォームブログ関連記事:
住宅リフォームをエコポイントや減税を使ってお得に
増改築の固定資産税

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)