市川市リフォーム会社口コミランキング | 優良業者を厳選!

市川市内のリフォーム会社で信頼出来て満足の行く施工をしてくれる会社を口コミや評判からご紹介。

バリアフリーリフォームは減税対象?

バリアフリーリフォームは減税対象?

今日は介護で必要な、バリアフリーのリフォームは減税対象なのかどうかをご紹介致します。

年をとってくると体の機能が衰えてきます。暗いところでは目が見えにくくなったり、わずかな段差でつまずいてしまいます。反射神経が鈍ってくるため、つまずいても手をつくことが出来ず、頭や顔を打ってしまい大怪我をしてしまうこともあります。

このような事故を未然に防ぐためにはつまずきやすい段差をなくしたり、転びやすい場所には手すりをつけて、つかまりやすくするなどの処置をしておくと安全に暮らすことができます。このように高齢者が安全に暮らすことが出来るようなリフォームをバリアフリーリフォームといい、減税対象になっています。工事費用の10%が所得税から控除されるようになり、控除額の上限は20万円になります。

バリアフリーリフォームの対象になるのは次のようなものがあります。車椅子が通れるようになる広さにするために廊下を拡張すること、階段の勾配を緩やかにして上り下りしやすくすること、浴室やトイレが車椅子やマヒがあっても使いやすくすること、手すりの設置、段差をなくす事、床材を滑りにくい素材の物に替えることなどです。

50歳以上の人で同居している人に65歳以上の人がいる場合や、同居者に障害者や要介護、要介助の人間がいる場合に減税が適用されます。
また家族が要介護認定を受けているときは、介護保険を利用して費用の負担を少なくすることもできます。工事費用の1割負担でリフォームを行なうことができ、最大20万円まで利用できます。

介護保険はは住んでいる市町村に申請して要介護と認定されれば利用することが出来るようになります。このようなリフォームを行なう場合は介護に詳しい業者に依頼したほうが、使いやすく満足できるものにしあがります。

手すりの設置場所や位置にしても、利用者の手の長さや障害の度合いを見ながら設置する必要があるからです。信頼できる業者を探すためにはケアマネージャーなどに相談して探す他、介護リフォームの見積もりサイトなどもあるので利用すると便利です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)