市川市リフォーム会社口コミランキング | 優良業者を厳選!

市川市内のリフォーム会社で信頼出来て満足の行く施工をしてくれる会社を口コミや評判からご紹介。

6畳の部屋を増築するケース

6畳の部屋を増築するケース

家族が増えたりする関係で、既存の家では狭くなり6畳の部屋を増築するケースはよくあります。プレハブの家や離れに比べて、母屋とつながっていることで行き来がしやすく、雨の日や雪の日でも安心です。
また家の一部ということもあるので、地震が起きても強度的に安心できます。増築は、一般的に1階の部屋と隣接する形で増築されます。基礎を新しく作り、躯体、屋根、窓、母屋とのつながり、電気工事を施して部屋を作ります。工期は部屋のグレードなどにもよりますが、2週間から4週間程度が一般的です。費用は、150万円程度から250万円程度が多いようです。中には増築部分の敷地を補正する場合がありますので、その場合はその費用がかさんできます。

住まいの状況によっては、6畳の2階建てを増築するケースもあります。既存の2階建て住宅に6畳の2階建てをくっつけるような感じです。1階に6畳分増えて2階にも6畳分の部屋が増えるというものです。増築に合わせて、屋根や建物の外壁などもリフォームすると全く違う家の装いになり、一軒は新築みたいな仕上がりになります。この場合は、増築部の強度面から既存の家の状態も重要になってきます。増築にあたっては柔軟に対応する心構えが必要になります。増築にかかる費用は、500万円から800万円程度が多いようです。すこし費用がかかりますので、建て替えや離れの家の作成も含めて考慮すると良さそうです。

増築の際に気をつけないといけないこととして、建ぺい率や容積比率の法的な問題があります。田舎の広い敷地なら特に問題ありませんが、住宅地などでは注意する必要があります。まず建ぺい率いっぱいで建てている場合の、1階への増築は難しいと考えられます。庭にスペースがあっても法的な関係でこれ以上建ての面積を増やすことはできません。2階への増築も容積比率いっぱいであれば、増築は難しいと考えられます。最初から増築する、と決め付けて行動するのではなく、大丈夫かな、と思う中で増築に挑んだ方が賢明といえそうです。

市川リフォーム情報ブログ関連記事:
インテリアを内装工事するススメ
洗面所のリフォームの重要性

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)