市川市リフォーム会社口コミランキング | 優良業者を厳選!

市川市内のリフォーム会社で信頼出来て満足の行く施工をしてくれる会社を口コミや評判からご紹介。

市川リフォーム情報

ミストサウナの湿度について

ミストサウナの湿度は、100パーセントです。これは、息苦しさを感じる湿度のようにも思います。しかし、温度は40度なので、それほど、熱くは感じないでしょう。また、この湿度の高さが、体に心地およいミストを与えてくれるものとなるのです。

そこで、ミストサウナとして最も適当は湿度とされているのです。ミスとサウナでは、これ以上、湿度が下がることがなく、むしろ、これよりも湿度を下げてしまうと、ミスとサウナの効果が出なくなるということになります。そこで、多少湿度は気になると思いますが、この湿度でも息くるしさは感じないとされています。そのことから、リフォームおいては、ミストサウナが十分に機能するタイプのバスを設置することが重要とされているのです。住宅では、少し古いものであるなら、ユニットバスやメーカーで販売したバスではなく、漆喰塗りで通気もある浴室にバスを入れている場合があります。そういったことから、このようなバスでは、リフォームを行なうことが必要となり、ミストサウナができる浴室に改修する必要があるのです。

また、ミストサウナを心地よく快適に行うには、その条件を満たすことができるように仕上げなければなりません。少なくとも浴室でミストサウナを行なうには、温度が40度、湿度については、100%となるように作りことが必要となっています。バスタブについてもリフォームでは考えておいたほうがよいでしょう。全身浴だけでなく、半身浴についてもできるようなバスタブを選んで、設置できるようにすることが必要となるのです。全身浴では、イスに座ることもあります。イスがおけるスペースの確保も必要で、また、バスタブにおいても腰かけることができるものがよいでしょう。

そこで、改修においては、ミストサウナに必要なスペースを浴室に確保したり、設置できるように前もって計画しておくことがよいということになるでしょう。

市川リフォーム情報ブログ関連記事:
ミストサウナの価格について
浴室の変わったリフォーム事例

中古の建物を選ぶ時にはしっかりチェックを

新築で建物を建てるとなるとかなりまとまった費用が必要となります。住宅の場合でしたら、一生の買い物としてローンを組んでまで新築を建てる方も多いですが、例えば自営業を営むために住宅とは別の場所に新築で事務所を建てることはほとんど無いでしょう。

一般的には中古建物を不動産会社で探して、開いている物件に入ることになります。レストランや喫茶店といった自営業をする際には、確かに新築で建てることもあります。しかし事務的な作業をする際には中古建物で十分です。ただ問題になってくるのが、耐用年数がどれだけ経過しているかということです。もし内装工事をしていなかった場合、耐用年数が限界を迎えている可能性があります。建物の構造によって耐用年数は異なり、またその耐用年数と内装工事の耐用年数は同じでなければいけません。

つまりどんなに内装が汚れていたり、利便性がよくなかったとしても、耐用年数経過していなければ法律的には問題が無いということになります。また中古建物を購入した後に内装工事をされる方もいらっしゃることでしょう。いわゆるリフォームとなりますが、もし老朽化してしまっている内装をリフォームする際には、補助金の申請をすると良いでしょう。デザイン性だけを重視したリフォームの場合には補助金が適用されないケースが多いのでご注意ください。またリフォームローンという手段もあります。リフォームローンでしたらデザイン性を重視した内装工事でもほとんど問題なくローンを組むことが出来ます。もちろん返済には年利を加算することになりますが、それは初期費用を軽減させることが出来るのですから仕方ありません。このような補助金やリフォームローンなどを有効活用し、少しでも経費節減出来るように内装工事を進めていきましょう。

またリフォームをすることなく耐用年数を超えている中古建物を販売しているケースもあるようです。そのような物件は万が一の時に大変危険ですので、どんなに安かったとしても絶対に手を出さないようにしましょう。

市川リフォームブログ関連記事:
ビルの内装工事業者の選び方
店舗改装や内装リフォーム業者ランキング

テナントの内装工事はお早めに!

テナントの内装はとても重要です。お客様がテナントに訪れた時に、内装が汚かったり、一昔前の作りになっていたらマイナスな印象を持ってしまう事も有ります。 お客様からしてみれば「ここの事務所は本当に信用することが出来るのだろうか?」「キレイにする資金を確保することが出来ていないのか?」などといろいろとマイナス方向に考えてしまいます。それではせっかく事業が軌道に乗ったとしても、信頼性を失ってしまうきっかけになってしまいますよね。 これは少々大げさな言い方かもしれませんけれども、こういった事もあり得るでしょう。

例えば貴方がお客様として同業者のテナントに入った時、壁が汚れていたり、椅子が壊れていたり、トイレが古かったりしたらどう思いますか?あまり利用したいとは思いませんよね?最初の一回は利用したとしても、その後リピーターとしては考えてしまいます。事業内容がどれだけ素晴らしかったとしても、やはり見た目というのは同様に重要なことなのです。「

見た目よりも内容を見てくれ!」と思われる方もいるかもしれませんが、残念ながら日本人というのは見た目も内容も両方見ているのです。

そこでテナントの内装工事をする必要が出てきます。いわゆるリフォームとなりますが、この内装工事を施すことによって、新築のような輝きを取り戻すことも出来ます。もちろんそこまで大規模な内装工事をする必要はありません。気になる箇所だけのリフォームでも十分です。しかし内装工事を依頼する業者は信頼出来るところを探しましょう。内装工事後の耐用年数が短ければお話になりません。耐用年数は内装工事の内容によって区分されていますので、事前の打ち合わせ段階で、金額の見積もりだけではなく、耐用年数の見積もりも一緒に提出してもらってください。

優良業者でしたら、依頼者から何も言わなくても耐用年数の説明はしてくれますのでそこまで構える必要はありません。

市川リフォーム情報ブログ関連記事:
インテリアを内装工事するススメ
市川の店舗改装や内装リフォーム業者ランキング

店舗リフォーム時のローンの有効活用法

何かしらの自営業を店舗で行っている方にとりまして、仕事場である店舗のリフォームはまさに必要不可欠なことなのではないでしょうか?
入念な清掃で落とすことが出来れば良いのですが、お客様の出入りが激しかったり、床や壁に油が付着してしまったりと、一度頑固な汚れが染み付いてしまうと、なかなか清掃だけでは落とすことが出来ません。
また心機一転お店の雰囲気を変えたい時には、一時的に収入が無くなります。
そのような状況になることがわかっているのに、多額の費用が必要なリフォームを積極的にされる方は少ないでしょう。

では、どうしたら良いのでしょうか?その答えは簡単であり、初期費用をかけないことです。
今ではリフォームローンと呼ばれているリフォームをするための費用でローンを組めるとっても便利な融資が数多くの金融機関で提供されています。
このリフォームローンを利用することによって、確かに多少の年利を加算して返済をしていく必要はありますが、それでも最初にまとまったお金を用意する必要がありませんので、少しの期間リフォームで休業してもそこまで生活に苦労することはなくなるでしょう。

数多くあるリフォームローンの中でオススメをしたいのが住信SBIネット銀行のリフォームローンです。
JCSI顧客満足度調査の銀行業界部門で数年間連続一位の座を譲らない大変人気のあるリフォームローンです。
ネットローンとなりますので、利便性が高く、また低金利を実現しているので、利用者の負担を大幅に低下することが出来ます。
さらに条件を満たすことによって、金利を引き下げてくれるサービスも展開しています。
まさに利用者のことを一番に考えてくれているリフォームローンと言えるでしょう。
対象となるリフォームは数多く、耐震性や免震性、補修改修などほとんどのリフォームを対象としています。

市川リフォーム情報ブログ関連記事:
賃貸の壁紙をリフォーム
市川の店舗改装や内装リフォーム業者ランキング

 

ビルの空室を減らす為の内装工事

本日は、ビルの空室を減らす為の内装工事についての記事をご紹介させて頂きます。

ビルを所有している方からしてみれば、なかなかテナントが入ってくれない場合は、死活問題になりかねません。テナントが入らない原因として、ビルの状態や見た目が悪いと、どんなに安価で立地条件が良かったとしても、テナントはそのビルを選んではくれないでしょう。ビルという多数のテナントが入ることとなる建物というのは、設備が非常に大切です。
もちろん設備だけではなく、ビル内装の美しさや耐久性の確立なども重要です。これらを改装することなくそのまま放置していても新しいテナントはやってきません。もし貴方が所有をしているビルに全くテナント希望者が現れない時には、そのビルに何かしらの問題を抱えてしまっている可能性がありますので、一度内装工事を検討される事をおススメ言い足します。。また何度も入れ替わり立ち代りの激しいビルの場合も、同様のことが言えます。

ビルの内装工事には当然のことながらある程度の費用が必要になってきます。内装工事の業者さんも多数ありますので、信頼できる業者さんを口コミや知り合いからの紹介で見つける事をおススメ致します。ただしあまりにも安価な見積もりは注意をしてください。材料に粗悪品を使われたり、また手抜き工事をされてしまうこともあります。しっかりと事前にその会社の評判を確認してみましょう。
どのような業者さんかは、事前に何度かお話をすればわかってくるかと思います。

また耐震性と防火性の強化も忘れないでください。耐震性は耐震基準を参考に、そして防火性については建物自体の防火性だけではなく、万が一火災が発生した時の避難通路の確保も内装工事によってより改善した方が良いかもしれません。機能性と見た目も重要ですが、何よりも人命が最も大切なのですから。

こういった事をポイントとして、リフォームをされる事をおススメ致します。

市川リフォーム情報ブログ関連記事:
賃貸の壁紙をリフォーム
市川の店舗改装や内装リフォーム業者ランキング

 

屋根のリフォームの瓦の選び方

屋根のリフォームを検討する時に、重要な部分の瓦について本日はご案内致します。

瓦は高い、重いなどの印象があり懸念しがちです。確かに、瓦の葺き替えにかかるコストはスレート系(カラーベストなど)等に比べると割高ですが、見た目と性能はスレート系に比べると圧倒的に瓦の方に軍配が上がります。また最近の瓦は、軽量化されているものもあります。「ルーガ」という商品は、従来の瓦と同じ厚さなのに重さは半分以下になっています。その他のメーカーでも軽量タイプの瓦は販売されているようなので、詳細はリフォームの打ち合わせの時に相談して聞いてみるとよいでしょう。

瓦もひと言で瓦といっても、種類はたくさんあります。「粘土瓦」「陶器瓦」「いぶし瓦」「素焼き瓦」等が代表的なものになります。それぞれの瓦に特徴があります。
「粘土瓦」は、日本3代瓦に使われている工法です。耐用年数は、だいたい20年から30年といわれています。「陶器瓦」は、耐久性・耐汚性に優れている特徴があります。半永久的に使用できる特徴があり、洋風の建物にもマッチします。「いぶし瓦」は、安土城に使われたことでも有名ですが、炭素膜の劣化と共に瓦も劣化していきます。耐用年数は、30年から50年程度と言われています。

「素焼き瓦」は、瓦表面の自然な仕上がりが特徴です。洋風の建物にもよく合う瓦です。他には、「セメント瓦」があります。家の屋根は、建物の外観を印象付ける大きな要素になります。建物全体を把握したうえで、瓦の種類を選択する必要があります。

中には、今は瓦の屋根だけど費用的な面から瓦以外の屋根を検討されている方も多いと思います。実際に、町を歩いてみると古い木造建築でも屋根をカラーベストに変更している家も見受けられます。工事自体は、瓦を撤去し、下地の処理を行い、防水処理、カラーベストの施工、雨どいの修正等を行うようです。

こういった事をポイントとして屋根のリフォームを検討されては如何でしょう。

市川リフォームブログ関連記事:
屋根の雨漏りの原因や修理
市川市内の一戸建リフォーム会社ランキング

洗面所のプチリフォームに関するアドバイス

毎日使っている洗面所もひと工夫、ふた工夫することでより清潔に、効率よく使うことができます。今日はそういった洗面所のプチリフォームに関するアドバイスを掲載させて頂きます。

まずプチリフォームを始める前に、洗面所に置いておく必要がある物を整理します。 不要なものは、なるべく置かないようにします。そうすると、以外に電気製品が多く必要なことに気づくかもしれません。ドライヤーや電動ひげそり、電動歯ブラシなどです。 中には家族の人数分の電動歯ブラシがあるお家もあります。それらを機能的に衛生的に使えるようにするのもプチリフォームに求められる要素です。

電動歯ブラシや電動ひげそりなどが多数ある場合は、洗面台に隣接する形で小さな棚を取り付けるのも一手かもしれません。本格的にビス止めで棚を取り付ける方法もありますし、簡易ビスなどで簡単に壁に取り付けられる棚もホームセンターで販売されています。 好みの大きさの棚を取り付けて、棚の裏に電源を設置できれば、配線類もすっきりまとまって綺麗にみえます。他には、タオルや肌着類等も棚の設置によって収納スペースが拡大されます。

インターネットなどで洗面所のプチリフォームを検索すると、一般の方でも床のフローリングを張り替えたり、水栓金具を交換したりと様々なことに挑戦されています。確かにできなくはないのでしょうが、仕上がりには個人差が出てくると思います。 工作が上手な方、苦手な方いろいろいらっしゃると思いますし、作業中に予想外のことが起きてしまうと素人では太刀打ちできなくなります。困ってからプロの方にお願いすれば、今まで自分で用意した費用と時間と業者さんに払うお金と2重にかかって高くつくケースもあります。自分で出来ないかもと感じた部分は業者さんにお願いされた方が良いとおもいます。

また水洗金具では、取り付けがきちんと行われていないと、水漏れの原因にもつながります。マンションの場合では、その水漏れが原因で下の階へ漏水被害を及ぼすことも考えられます。安く済ませようと思った工事が、逆にとてつもなく高い工事になる可能性もあります。 自分でどれだけできるかはっきり分からない方は、プチリフォームといえどもきちんとプロの業者の方にお願いした方が安心といえます。

こういった事を参考に、洗面所のプチリフォームをされる事をおススメ致します。

市川リフォーム情報ブログ関連記事:
洗面所のリフォームの重要性
一戸建ての水回りのリフォームについて

 

想像以上に安い費用のミストサウナ

浴室のリフォームをする際に、ミストサウナを付けるかどうか迷ってしまう事も有るでしょう。けれども実は想像するよりも安価に取り付ける事が可能です。

ミストサウナは、浴室にあわせて対応できるようになっています。通常のものであるなら、機器だけで設置費用を抜くと、15万円程度のものが販売されていることが多くあります。 しかし、ミストサウナでは、配管や熱源が必要となります。熱源については、たとえば東京ガスの製品をとりつける場合は、熱源で71,400円、そして配管については、5,000円ほどで取り付けることができるようになります。

機器メーカーのリンナイでは、システムバス1.5坪、在来工法のバスでは1坪以下のものであるなら、特別価格で提供されていることがあります。お得な価格で設置することができるのですが、この場合、リンナイでは、本体価格と取り付け標準工事費込みの価格なので、2割引きぐらいで取り付けることができることがあります。なお、東京ガスの機器であってもリンナイやノーリツ製品を使っているので、同じものが設置されることになるでしょう。そのことから、安価に設置できるほうを選ぶことがよいとされています。

そこで、リフォームを行なう際には、機器だけでなく、工事費や配管費用、熱源について必要となることを理解していなくてはならないでしょう。また、ミストサウナの場合は、壁に取り付けるタイプのものだけでなく、天井に取り付けるものや後付けできるものがあります。さらに、浴室の大きさやタイプによっても取り付ける機器が異なり、付いている機能によっても機器の価格が違うということもあります。

メーカーによってもミストサウナでは、種類があるので、ミストサウナの設置費用においては、すべて同じではないことを理解しておかなくてはなりません。そういったことから、ミストサウナの設置では、もっとも設置しやすい機器を選んで、工事ができるかどうか確認しておくことがよいとされています。ミストサウナは、一般的な浴室の広さである1坪から1坪半ほどの広さの場合、機器のほか、熱源、配管を含めても30万円ほどで設置することができるようになります。

市川リフォーム情報ブログ関連記事:
浴室のリフォームの費用はどれくらい?
ミストサウナの価格について

屋根の雨漏りの原因や修理

今日のブログは、屋根の雨漏りの原因や修理についてご案内致します。

雨漏りを発見すると、まず屋根を一番に疑いますが、実際は様々な要因が関係します。 外壁のつなぎ目の劣化(コーキングの劣化)や窓枠サッシから雨が侵入して雨漏りにつながるケースもあるようです。つまり雨漏りの対処で一番重要なことは、雨漏りの原因をきちんと特定することにあります。 素人では、特定が難しいので専門の業者さんへまずは相談してみましょう。

そのうえで屋根が原因で雨漏りしているということであれば、屋根の何が原因かをきちんと確認することが重要です。 単に屋根が原因だから屋根を葺き替えるというのは、間違っているケースもあります。 雨の侵入が実は、部分的な屋根の不良で起こっているならば、その部分だけを改善すれば雨漏りは解消されます。業者さんの中には、不安をあおって屋根の全面葺きかを勧めてくるケースもありますので、一応の注意は必要です。

屋根の代表的な損傷例を少しご紹介します。 まずカラーベストなどのコロニアル屋根の場合です。棟包み板金破損、外れ、下地の損傷やコロニアル塗装時の縁切り不良が原因で雨漏りにつながるケースが多いようです。こうしたケースは、部分修理で改善できるようです。費用は、だいたい10万円から20万円程度で収まるケースが多いようです。

次に屋根瓦の場合の例です。 棟のゆがみや面土劣化、瓦の破損や瓦のずれが原因で雨漏りが起きるケースが多いです。 損傷の程度にもよりますが、修理には10万程度かかるケースがほとんどです。金属屋根やトタン屋根の場合も棟包み板金が原因で雨漏りにつながるケースが多いようです。どうしても屋根の損傷が激しい場合は、葺き替えが必要となってきます。

素人は、雨漏りに対する知識が乏しく、どうしても業者さんのいいなりになりがちです。 それでも本当に必要な対処方法を相談して、賢く屋根をリフォームすることも必要でしょう。屋根の葺き替えとなると、100万円以上かかるでしょうし、カバー工法でも80万円以上はかかってきます。

こういった屋根のリフォーム会社選びも需要になってきます。 業者選びで迷ったら、是非当サイトを参考にされて下さいね。

関連記事:
屋根のリフォームは評判の良い会社へ
住宅を守ってくれる外壁をリフォーム

玄関の床のリフォームについて

玄関周りをリフォームする時になかなか決められない物に「玄関の床」があります。玄関は、家の顔ともいえる部分で重要なポイントになります。 玄関は、玄関アプローチ・玄関ドア・下駄箱・収納キャビネットなどから構成されており、それぞれの特徴を把握しておく必要があります。また玄関の用途も、単に人の出入りとしてだけに使うのか、自転車や趣味の道具も置くスペースするのかによって玄関を構成する材料は変わってきます。「玄関の床」もその一つです。

玄関の床に使われる主な材質は、3つです。「タイル」「コンクリート」「天然石」です。 一番多く利用されているのが「タイル」でしょう。ひと言にタイルといっても、大きさや色、表面の加工などが違ってきます。 代表的な玄関タイルメーカーには、INAXがあります。最近のタイルは機能的にもなり、汚れがしみにくいように加工されていたり、消臭力があるもの等様々です。ペットを飼っている家等は、機能性のタイルを検討すると、ワンちゃんとより楽しい生活が送れるようになりそうです。

タイルの色目は、明るい系統の物を選ぶと玄関が明るく映ります。黒目のタイルを選ぶと重厚感があり、シックな玄関の雰囲気になります。ご自身の好みもありますし、色目によって汚れの目立ちやすさが違ってきます。 またタイルの種類も「磁器タイル」や「素焼き」「テラコッタスタイル」などがあります。 磁器タイルは吸水性が少ないので汚れにくいといわれていますし、素焼きやテラコッタスタイルは吸水性が高いのでシミなどの汚れにも注意が必要です。タイルの大きさもいろいろあり、比較的大きい方がゆったりした感じで豪華な感じに仕上がるようです。

コンクリートの玄関床は、よく飲食店などで見かけます。また個人宅では、RC住宅にはマッチするかもしれません。コンクリートの中にビー玉を入れたり、石を入れてアクセントにすると温かい雰囲気に仕上がります。 天然石は、大理石や御影石が一般的に使われます。柄や色のバリエーションはいろいろあり、表面仕上げの方法によっても風合いが異なります。

関連記事:
新築並みにマンションリフォームする秘訣
トイレの床のリフォームが成功するポイント